人体造形・作画のための参考画像まとめ『Anatomy 4 sculptors』

anatomy4sculptors-01

人体の構造を学びたいならこの「Anatomy 4 sculptors」がオススメ。大量の画像資料をだだまとめるだけでなく、人体プロポーションや内部構造と体表の関係などをパーツごとに分かりやすく提示されています。

Anatomy 4 sculptorsとは?

Anatomy 4 sculptorsは、スカルプターを対象に美術解剖学の画像資料をまとめているサイトです。たぶん著作権的に問題ない画像を引っ張ってきているのだと思います。それらを使って、人体写真や彫刻を筋肉の流れで色分けしたり、ブロック形状で捉えるなど、ヘタな美術書よりわかりやすくて参考になります。

人体構造の参考画像が大量

Anatomy 4 sculptorsでは、全身のほか顔、胴体、腕(手)、脚(足)ごとに「muscles&bones」「block-out」「secrets」を解説されています。大量にあるのでその中で気になったものをご紹介します。

全身の骨格と筋肉

anatomy4sculptors-02

彫刻をブロック化

anatomy4sculptors-03

顔の形状をライン化

anatomy4sculptors-04

肩甲骨の動きと筋肉

anatomy4sculptors-05

腕の回転時の筋肉

anatomy4sculptors-06

脚の骨格・筋肉・体表

anatomy4sculptors-07

人体のプロポーション

anatomy4sculptors-08

こんな感じで人体作画や造形に役立つ参考画像が掲載されています。筋肉の名称などは英語なのでアレですが、説明不要でも見て分かるように画像がまとめられているのが素晴らしいですね。

また、deviantARTやPinterestなどソーシャルでも画像をリストされています。ちょっと見たところサイトにアップされていないものもあるようです。アカウントをお持ちならフォローしておくといいかも。

Anatomy 4 sculptors